長崎商工会議所青年部

文字サイズ

平成23年度 会員交流委員会 家族懇親会~しま探検ウォークラリー~

2011年10月06日

心配していた台風15号が去り、その日はこれ以上にない秋晴れの天候のなか、家族懇親会は開かれました。
伊王島行の船内では家族ごとに席に着き、日頃会員に見ることのない和やかな雰囲気を垣間見ることができました。伊王島に到着し、開会式では太田会長より開会のご挨拶をいただいた後、30周年記念植樹式を執り行いました。植樹式では太田会長はじめ、太田直前会長、三瀬副会長により、3本のオリーブの苗に土をかけていただき、続いて子供たちも含め、みんなで土をかけてもらいました。このオリーブが10年後、20年後経ったときどこまで成長しているかを見るのがたのしみです。
そして場所をセントロクートラルに移し、今回の主要行事である「しま探検ウォークラリー」をスタートさせました。チームごとに伊王島の史跡を巡り、問題を解いていくというやり方で島内を歩いていただきましたが、制限時間の120分では厳しいものがあり各チームとも楽しさや爽やかさの表情より、つらそうな表情が見受けられました。汗をいっぱい掻いていただい後は、冷えたビールと新和楼の江委員特性カレーを参加者の皆さんに振る舞い、昼食といたしました。引き続いての表彰式では順位の発表を行い、賞品を太田会長の方より贈呈していただきました。ちなみに僅差でありましたが、優勝は単独で参加いただいた、渉外委員会の山田委員、例会委員会の瑞泉委員チームでした。おめでとうございました。
その後、表彰式も終わり講評というかたちで太田直前会長より一言いただき、日頃YEG活動で活躍されている会員のご家族に対し、ご理解と感謝のことばを述べていただきました。最後に三瀬副会長より参加者の皆様に対し謝辞を述べてもらい閉会といたしました。
今回たくさんの参加者のご協力のおかげで、無事故で終了することができました。本当にありがとうございました。最後になりますが、何かと行き届かない点があったかと思いますが何卒お許しください。

    会員交流委員会一同

平成23年度 渉外委員会 大分府内戦紙

2011年9月05日

去る、8月5日(金)~6日(土)の1泊2日の日程で「第27回大分府内戦紙」に42名(現役35名、OB7名)の大人数で参加してまいりました。バス組とマイカー組に分かれ大分に向かいましたが、道中大きな混乱もなく、無事に大分に到着しました。
オープニングの時は、雨が降り一時はどうなるかと思いましたが、大型の山車と踊隊が合流しいよいよ本番が始まる頃には雨も上がり、勇壮華麗な祭りとなりました。我々長崎YEGも「山車隊」と「踊り隊」に分かれ、日ごろの運動不足を反省しつつも、なんとか他のチームに負けないように最後までやりきり、大いに盛り上げることができました。
その後の懇親会は、疲労の色は隠せない様子でしたが、大分YEGも合流し、会員相互の交流も深められ、大変な盛り上がりを見せました。
また、大きな事故もなく、無事事業が終えたことをご報告します。
最後になりましたが、大変お忙しい中参加していただきました皆様、大変お疲れさまでした。本当にありがとうございました。

渉外委員会一同

平成23年度 例会委員会 8月例会

2011年8月26日

8月例会は各委員会の事業報告が多い月ということもあり、予定より約10分遅れでビジネス研修委員会へ引き継ぐこととなってしまいました。
タイムスケジュールにもう少し工夫が必要であったのではないかと反省しております。
また、8月から10月まで例会高出席率表彰の対象月となっていますが、会員総数が増加する中、残念ながら昨年とほぼ同数の参加に留まりました。
9月以降も、より多くの会員に参加していただける例会にしたいと思いますので、皆さん、ご協力のほどよろしくお願い致します。

   例会委員会一同

平成23年度 特別事業委員会 2011ながさきみなとまつり

2011年8月10日

7月30日、31日の2日間「2011ながさきみなとまつり」が開催されました。両日共天候にも恵まれ、延べで23万人もの集客がありました。
今年は、資金難や東北大震災の影響で、開催を中止する声も上がりましたが、「Yell from NAGASAKI with ECO&LOVE」をテーマと題し、長崎からエールを送ろうと、開催する事になりました。市民参加のステージイベントにも12団体参加頂き、NBCステージイベントも大いに盛り上がりました。チャリティーイベントでは、ネットワーク市民の会が行った、チャリティーオークションで、71,676円、当会が企画開催した牛タン焼も皆様のご協力もあり220,000円もの売上がありました。各ゴミブースに設置した募金箱にも40,667円も集まり、また石田さん石橋さん横瀬さんによる旅行会社3協同での果物の販売も255,221円の売り上げがありました。その他、飲食店団体より出店収益として約100万円、ホテルニュー長崎様が開催したチャリティーイベントで集まった20万円も商工会議所を通じて募金したいと申し出がありました。今回のイベントを通じて、来場者の方々が東北を助けようと思う気持ちが十分伝わって来て、このような素晴らしいイベントに携われて本当に良かったです。翌日の清掃も、月曜日の朝にも関わらず32名の方々に参加頂きました。
開催期間中、連日の猛暑にも関わらず多くの会員の皆様にご協力頂き、委員会一同、心より感謝致します。本当に有難う御座いました。

特別事業委員会一同

平成23年度 例会委員会 7月例会

2011年8月10日

7月例会は「2011ながさきみなとまつり説明会」を後に控え、委員会報告の後に島原YEG30周年事業キャラバン隊のPRあり、会員情報コーナーも盛りだくさんということで、当初から時間がおすことが予想されましたが、皆さんのご協力により予想よりも10分ほど早く特別事業委員会の皆さんにつなぐことができました。
7月例会も6月の厄入懇親例会と同じ125名の参加ということで、会場はほぼ満員状態となり、最後尾はテーブルが2台足りないという嬉しい大誤算もありました。
座席の配置が今後の課題になってくるかと思います。

例会委員会一同

平成23年度 会員交流委員会 厄入り懇親会

2011年8月10日

「ご安全に!」の掛け声で厄入り懇親会は“安全第一で取り組む”をモットーに開会いたしました。威風堂々とした厄入り者の入場からはじまり、その後太田会長の挨拶と心温まるポエムを一人ひとりに手渡され、思い出に残る一場面となったのではないでしょうか。続いて記念品贈呈をそのまま太田会長に務めていただきましたが、直前に演じていただいた太田会長のコントが、何の変哲もない記念品(ゴルフ用のベルト、白色)を一生に残る記念品に変えていただいたような気がします。ご協力ありがとうございました。その後太田直前会長の乾杯の御発声では、まるで試合開始を思わせるような「用意はいいか!乾杯!!」の合図で飲み方が始まりました。
その後の宴会で消費されたお酒の量は、ビール250本、紹興酒40本、焼酎3本と、あとになって聞きましたが、そのときは今日という日が本当に“安全第一”で終わることができるのか心配になりました。
最後に厄入り者一人ひとりからの気持ちのこもった挨拶や、感謝のことばなどを発表していただき、会を終了することができました。
最後になりますが、皆様のご協力のお陰で無事故、無災害で終了することができました。
本当にありがとうございました。また、何かと行き届かない点があり皆様には大変ご迷惑をお掛けすることとなりました。特に最後の時間配分では適切な判断が出来ず、大幅な時間超過をさせてしまいましたことを併せてお詫びいたします。

会員交流委員会一同

エンジェルタッチ ログイン エンジェルタッチ マニュアル 2018先賢行列 「長崎さるき」参加者募集 YEG 新入会員募集! YEG 会員企業紹介 世界新三大夜景テーマ曲「長崎夜曲」
長崎商工会議所青年部 Facebookページへ ながさきひかるプロジェクト(世界新三大夜景)Facebookページへ